「いいたて村の道の駅までい館」もうすぐオープン

 福島県飯舘村を通ったところ,建設中の道の駅「いいたて村の道の駅までい館」の県道の向かい側のひまわり畑が満開になっていた。

 長い名前だ。

 

f:id:figarox:20170727223943j:plain

 

 看板を見ると,8月12日午前10時オープンとのこと。ひまわりはそれまで持つだろうか。今満開になっているところの東側にもこれから咲くひまわり畑が広がっているが,道の駅の正面からはズレている。

 県道原町川俣線(12号線)沿いの深谷地区にあり,周辺の施設と合わせて村の復興拠点との位置付けになっているそう。「花」がテーマになっているらしい。

 

 スタッフ募集中の看板が2つ立っていて,人集めには苦労しているのかなと思う。

 公式Facebookhttps://ja-jp.facebook.com/michinoeki.madeikan/)でも物販コーナー,キッチン,コンビニのパート,アルバイトを募集中とのこと。

 コンビニはセブンイレブンが入るらしい。

 物販コーナーではどのようなものを売るのか分からないが,飯舘村どぶろく特区になっていて,「どぶちぇ」というどぶろくがあるそうなので,売っているようなら買いたい。

 レストランには何か名物になるようなメニューがあるのだろうか。震災前ならいいたて牛のステーキ丼とか出したのだろうが。

 

 写真を撮ったあたり(新田川のほとり)にはトンボがたくさんいて,赤トンボだけでなく,オニヤンマもいた。オニヤンマが草むらで休んでいるのを見るのは珍しい。自然豊かな飯舘村ならでは。飯舘村ではオニヤンマのことを「ドロトンボ」と言うらしい。泥棒トンボの意味だとか。

 

f:id:figarox:20170727224006j:plain

 

集英社文庫のフォントが変わっていた

 集英社文庫北方謙三著『岳飛伝 一』(2016年11月発刊)を開いてみて,違和感があった。『楊令伝』とフォント(書体)が変わっているように見えた。

 『楊令伝 十五』(2012年8月25日発刊)と比べてみると,本文の明朝体のフォントが明らかに違っていた。『岳飛伝』の方が,横書くが細く,格調が高いように思った。こちらの方が好みだ(おそらく,リュウミン)。

 本文のフォントを変えるのはかなり大きな決断だったと思う。ちょっと調べたところでは,特にアナウンスはないようだが,どういう事情があったのだろう。

 

 

日本では見られないデジタル・コンサートホール

 ベルリン・フィルのオンデマンド放送である「デジタル・コンサートホール」(DCH)には,いくつか日本では見られないものがある。

 PC用のサイトで見た場合で言うと,「当映像は契約の都合により日本国内ではご覧いただけません」と書いてあって,見ることができない。

 それらは,ジルヴェスター・コンサート,ヨーロッパ・コンサート,ヴァルトビューネ・コンサートで,要するに,日本ではNHKがBSで放送するものである。

 

 しかし,これは明らかにおかしい。

 NHKもだが,そういう契約をするDCHはユーザーを愚弄している。その分金を返せと言いたいくらいだ。おそらく,NHKから多額の放映権料をもらう代わりに,日本のユーザーに制限をかけているのだろう。

 NHKの方では,これらのうち一部をNHKオンデマンドで有料放送している。しかし,全部ではない。NHKオンデマンドのユーザーの全てがDCHに加入しているわけではないし,クラシックファンの多くは録画してしまうので,NHKオンデマンドとDCHの両方で見られたとしても,NHKにたいした不利益があるとは思えない。

 ということは,DCHがNHKにこのような契約を押しつけて,儲けていると考えるのが自然だ。その見返りに我々がDCHで見られないとしたら,あまりにもふざけている。

 しかも,単にDCHで見られないだけでなく,NHKの放送は結構遅れて放送されるので,見られるようになるまでのタイムラグがかなりある。

 

 そして,直近の演奏会は上記のような表示が出て視聴不可とされているが,もっと前のものは,アーカイブで検索しても出て来ないようになっている。日本以外でもそうなのだろうか。ここはよく分からないところだ。

 

 百歩譲って,NHKの放送まで,あるいはその後数か月程度はDCHで見られないとしても,その後は視聴できるようにすべきだ。

 こういうことを続けていると,ユーザーは離れていくだろう。

 

 一方,2016年末に,ラトル指揮の第九がBSフジで放送されたが,こちらは今でも日本国内の視聴制限はかかっていない。

 これは,2015年10月16日の演奏会なので,古いからということもあるのかもしれないが,日本国内での視聴制限をかけずとも,テレビ局に提供することは可能だということである。

 BSフジは無料放送,NHKは受信料が取られる,という違いはあるが,NHKも1番組ごとに支払う形態ではないし,強制加入なのだから,ユーザーとしては,ほかの有料放送よりは無料放送に近いものである。

 

 とにかく,DCHには,NHKとの契約を見直し,日本国内のDCHユーザーに不当な不利益を与えないように,即刻改めてもらいたい。

 こういった状態は,何か違法行為に当たらないのだろうか。

 

 

N700S!?

 東海道・山陽新幹線の新型車両N700Sのデザイン等が公開された。

 それにしても,なぜ「N700S」なのか。N700系のときも思ったが,よほどJR東海はネーミングのセンスがないらしい。

 JR東海の新幹線は700から進化しないのだろうか。そんなに700という数字が好きなのか。

 何だかすごく情けない感じがする。開発に当たった技術者の方たちはどう思ってるんだろう。

 

 

広告を非表示にする

何のためにメモを取るのか

 加計学園の問題は相変わらず訳が分からないが,なので,特に気になる,おかしいと思うことに絞って「メモ」しておく。

 

 文部科学省から出てきた,萩生田光一官房副長官の発言を書いたという文書について,文書は存在したが,書いた方も記憶が曖昧で,真実かどうか分からないということになっているらしい。

 当たり前である。

 記憶はだんだん曖昧になるから,メモを取るのだ。

 曖昧な記憶と,当時書いたメモのどちらが信憑性が高いかと言えば,メモの方に決まっている。

 いくら頭のいい国家公務員だった,日々いろんな仕事をしている中で,いちいち全てを覚えてはいられないだろう。

 特に頭がいい(と世間から思われているような)人だって,国会に呼ばれたり裁判所に呼ばれたりすると,平気で「記憶にありません」と言うくらいなのだから,文科省の課長補佐(おそらくノンキャリ。ということで,バカにしている輩がいるんだと思うが)が全部覚えてる方がおかしい。

 だからメモを取るのだ。

 それを,記憶が曖昧だと正直に話したことをの揚げ足を取って喜んでいる奴らは,バカだ。

 

 メモを取るのは,記憶が日々薄れゆくためと,周囲と情報共有するためだろう。

 国の人たちと一緒に仕事をしたことがあるが,彼等はメールで情報共有するのが大好きである。

 いちいち,メモを印刷して上の人まで回覧してはんこを押してもらったりすることは,ほとんどないように思った。そのかわり,かなり偉い人にも平気でメールを送っていたようだった。

 今回の問題で,政権寄りの人たちが,出てきた文書の形式がどうだとか,内容が曖昧だったり雑だったりして,本物か疑いがあるというようなことを言っていたようだが,そんなのも,十分あり得る話だと思っている。

 国の人って,結構適当なのだ。

 政治家なんかは,きちんとした書類しか見たことがないのかもしれないが,役所内で出回っている文書はそんなもんじゃない。かなり怪しげなものが流通している。

 特に,やたらプライドが高いことで有名なK産省の課長補佐級の方が作るメモは本当にひどかった。

 いわゆる5W1Hが全くなく,その場にいた関係者以外は何のことだかさっぱり分からないようなメモをつくっては,メールでばらまいていた。

 だから,今回出てきた文書が多少アバウトでも,全く驚くに値しないというのが感想だ。

 それを,元官僚の御用学者や評論家が必死になって批判しているが,何を言ってるんだと思う。奴らの言うことの方が全く信用できない。本当に役所の中でちゃんと仕事をしてきたのかと思う。

 

 もう一つ,大臣,副大臣事務次官等が知らない文書は,怪文書だというようなことを言っている人がいたが,末端の職員が職務上作成した文書の全てを彼ら偉い人は全部承知しているというのだろうか。

 全く馬鹿げた話だ。

 そんな突っ込みどころ満載の発言を聞いても何も言わないマスコミって,何なんだろう。

 

 

 これまで,御縁があって読売新聞を購読してきたが,そろそろ本気でやめることを考えた方がよさそうだ。

 信じられない記事を各新聞に払う金はないし,そんなのを読んで時間を無駄にするほと暇でもない。

 

 

MUSIC BIRD THE CLASSICのノイズ問題

 衛星デジタル音楽放送MUSIC BIRDの「THE CLASSIC」は,クラシック音楽ファンにはなくてはならないものと言っていいだろう。

 以前のリニアPCM放送(16bit,48kHz)ではなくなったが,最近は,2016年10月から一部で24bit放送(対応チューナーが必要)が始まったり,2017年3月27日からはビットレートが256kpbsから320kbpsに引き上げられるなど,高音質化に取り組んでいるところだ。なお,フォーマットは16bit,48kHzのMPEG1 Layer 2(MP2)である。

 

 そんなMUSIC BIRDだが,最近おかしなノイズが乗るときがあることに気づいた。気がつくと気になってしょうがないものであるが,主にオーケストラ音楽で,時々「ササササ…」というノイズが出るのだ。結構ボリュームを上げないと分からないが,気になる。ライヴ録音だと余計目立つ感じがするし,古い録音だと更に目立つ。

 また,拍手が入っていると,そのところでは「キュルキュル…」というノイズが出る。

 

 チューナーからアナログ出力した場合だけでなく,光ケーブルで他の機器に接続して聴いた場合も出るので,チューナーの故障ではないような気がする。もちろん,アンテナの受信状況は良好である。

 

 何とか原因を究明して,ノイズが出ないようにしたい。

 

 

宇野功芳さん1周忌

 音楽評論家・指揮者の宇野功芳さん(1930-2016)が亡くなってもう1年が経つという。レコード芸術6月号で特集を組んでいるが,評論家の特集を組むのは,宇野さん以外では(少なくともここしばらくでは)吉田秀和さんくらいだろう。それだけの人だったのは確かだと思う。

 はっきり言って全面的に好きというわけではなかったが,月評は必ず読んでいたし(面白いから),月評以外でも,宇野さんの文章は読む機会が多く,たくさん影響を受けたし,教えてもらったと思う。

 

 好きな演奏の傾向は必ずしも一致しなくて,むしろ外れの方が多かったように思う。感覚的には,宇野さんがベタ褒めしたものについては,6対4か7対3くらいで外れだったように思う。もちろん,例えばHJリムのベートーヴェン(録音は最悪)のような当たりもあった。宇野さんが褒めたおかげでその後大好きになった演奏家としては,ヴァイオリニストのギル・シャハムがいる。宇野さんがシャハムのチャイコフスキーシベリウスの協奏曲の月評で「妖刀の切れ味」と評したのを機に聴いてみてすっかりはまり,今では一番好きなヴァイオリニストと言っていい。もっとも,宇野さんはそのCDを褒めただけであって,シャハムが大好きだったわけではないようだが。

 一方,宇野さんが大好きなフルトヴェングラークナッパーツブッシュは苦手だ。苦手というより,モノラル録音ばかりなので聴く気にならないのである。貧弱な音では聴いていてストレスがたまるからだ。別にフルトヴェングラーが(人間的なことは別にして)嫌いなわけでも何でもない。余談だが,ああいう貧弱なモノラル録音を聴いても満足できる人というのは,ある意味人種が違うのかなと思う。自分には耐えられない。

 

 また,宇野さんというと,歯に衣着せぬ明快な物言いが特徴で,これでもかというほど褒める一方,メチャクチャにけなすことも多かったわけだが,不思議と,自分が好きな演奏がけなされても腹が立つことが少なかった。

 なぜだろうと考えると,宇野さんが音楽と演奏家に対して敬意を持って書いているのが何となく伝わるからなのかなと思う。おそらく,彼自身が演奏家であったからだと思う。「プロなんだからもっとできるはずだろ!」と叱咤激励しているように感じられるのだ。それと,宇野さんの場合,褒めてもけなしても,とにかく一度聴いてみようと思わせるということがある。むしろ,けなせばけなすほど,そんなにひどいんじゃ一度聴いてみたいなと思ってしまうのだ。これは,音楽評論で一番大事なことだと思っている。結局は自分で聴いてみないと始まらないからだ。「聴くに値しない」と言われても聴いてみるしかないのだ。

 ついでに言うと,よい音楽(レコード)評論だと思うのは,①どんな演奏家具体的にイメージできる,②とにかく1度聴いてみたくなる,③とにかく音楽が大好きである,④演奏家に敬意を持っている,といったことが伝わってくるもの。その上で,博覧強記だったり,情報通だったり,オーディオや最新テクノロジーに強かったり,文章がうまかったりすればなおよい。

 

 一般論として宇野さんが語ったことは,納得させられるものが非常に多かった。というか,大抵はそのとおりだなと素直に思えた。その中で「さすが,そのとおり!」と思ったものを,うる覚えであるが挙げてみる。

① 第一ヴァイオリンがきちんときこえないのはダメ

② 女声歌手のヴィブラートほど非音楽的なものはない

③ 変奏曲は嫌い

④ モーツァルトの《フィガロの結婚》では,第2幕のスザンナのアリア「おいで,お膝をまげて」が一番好き。

  ところが,④で宇野さんが一番好きな演奏として挙げるのはクレンペラー盤で歌っているレリ・グリストのものだが,聴いてみるとパッとしない。一般論と具体の演奏が一致しない例の一つである。

 

 

 さて,宇野さんは言ってないと思うが,最近の演奏(指揮者)の傾向について思うのは,音色やテンポの変化にはあまり興味がなく,ピリオド奏法をどう取り入れるかと強弱の付け方にばかり目が向いているように思う。

 そのうち,強弱について気になる演奏が多い。ラトルあたりが流行らせたように思うのだが,急に音を弱めてクレッシェンドさせたり,波状攻撃のように短い間隔で強弱を繰り返したり。どうも,音楽がせき止められるような感じがして,聴いていて気分が悪い。

 また,これもラトルがよくやるのだが,ほとんどの人が音を区切って演奏するところをダラダラとつなげて演奏させるのも嫌いだ。不良がズボンを引きずりながらダラダラと歩っているようで,気味が悪い。

 テンポについて言うと,曲想に逆らうようなテンポ変化で他人との違いを示そうとするような演奏が多いように思う。これも,音楽そのものの力を弱めてしまう。