読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ATRACの終焉

 これまでずっと,CDのリッピングATRAC 3 Plusを使ってきた。

 その一番の理由は,ギャップレス再生に対応していること。それと,曲の分割・結合が容易なことであった。もっとも,ソフトによってはギャップレス再生に対応していなかった(BeatJamなど)のだが,Media Goが出るまでのソニーのソフト(SonicStagex-アプリ)やWALKMANでは完全にギャップレスだった。

 クラシック音楽を聴くのにギャップレスは必須なわけだが,以前のMP3やAACはギャップレス再生はできなかった。今でも,MP3やAACは完全にギャップレスに対応しているわけではない。機器やソフトによる。また,AACの場合は,互換性に問題があって,拡張子が複数あり,その拡張子によって再生できなかったり,アートワークが出なかったり,文字化けしたりと,いろいろ問題があった。

 そんな中でも,非可逆圧縮のフォーマットで一番互換性等の問題がないのはMP3だったが,この4月23日で特許ライセンスが終了し,今後はどうなるか不透明になってしまった。まあ,使えなくなることはないと思うが,不安材料ではある。

 非可逆圧縮を使ってきたのは,それしかなかったということと,あっても対応機器・ソフトが少ないこと,そしてPCやWALKMANの容量の問題だったので,これらが解決すれば,音質的に有利な可逆圧縮に移行するのは当然の成り行きではあった。

  ということで,今年からはATRAC3はやめて,FLACリッピングすることにした。ただ残念なことに,今使っている三菱のDIATONE SOUND NAVI(MZ-100シリーズ)はギャップレス再生に対応しておらず,ほんの短い時間だが,音が途切れてしまう。KENWOODの彩速ナビはFLACのギャップレス再生に対応しているそうなので,SOUND NAVIもアップデートで対応してほしい。高音質を売りにしているのだから,音質だけでなく再生環境も最先端を行ってもらいたい。

 もう一つ言うと,SOUND NAVIはSDカードやUSBメモリに入れた曲の検索機能が非常に貧弱で,フォルダ検索以外は使えないのが非常に不満である。カテゴリーサーチという機能があるのだが,これだと,例えばまず演奏者で検索した場合,アルバム名がABCとアイウエオ順で並び,次にアルバムを選ぶと,何と,曲がABCとアイウエオ順で再生されるのだ。通常は,アルバムを選んだ場合,曲はトラック番号順に並ぶのが普通である。というか,当たり前だろう。なので,カテゴリーサーチは全く使えない。トラック番号順に演奏させるには,トラック番号付きでファイルを作成し(普通はそのようにリッピングするだろう),フォルダ検索でやるしかない。これは結構不便だ。

 

 本題に入る。FLACへの移行は当然の流れだったとして,心配なのは,これまで録りためたATRACのファイルがいつまで使えるのかということだ。MP3,AACWMAなどはほとんど心配ないと思うが,ATRACはそうではない。対応するソフトや機器が少ないのだ。しかも,ソニーの機器でも再生できない方が多いという,とってもふざけた状況になっている。このことについて書いておく。

 既に,スマホXperiaシリーズ)でATRACは再生できなくなっている(以前はできるように聞いていたが,持ってないのでよく分からない)。

 今,問題なく再生できるのは,WALKMANx-アプリだけなのだ(SonicStage CPも使っているが,サポートは終了していて,手に入らない。)。Media Goは,ギャップレス再生に完全対応していないし,再生だけでリッピングはできない。BeatJamも「for carrozzeria」以外は終了している。

 なぜこのようなことになってしまったのだろう。ソニーらしい問題があるように思う。

 

 

広告を非表示にする

福島県飯舘村「ゑびす庵」のうどん

 福島県飯舘村の食堂「ゑびす庵」に行ってみた。

 飯舘村は,東京電力福島第一原子力発電所の事故で全村避難させられ,この3月31日に大部分の避難指示が解除されたばかり。

 その飯舘村で初めて食堂の営業が再開した。飯樋地区にある「ゑびす庵」で,4月23日に飯舘村の元の場所で営業を再開したのだ。原発事故後は福島市内で営業していたという。

 

 店内はリフォームしてきれい。テーブル席と座敷があり,座敷は掘り炬燵のようになっている。テーブル席の椅子は丸太なので,長時間座っているのはつらそう。

 営業時間は11時から15時だが,予約すれば夜もやってくれるらしい。定休日は火曜日(祝日の場合は営業)。

 お酒も提供しており,焼酎にはゑびす庵オリジナルのボトルもある。

 

 1番人気という「五目うどん」(950円)を注文した。

 茹で上がるまで結構時間がかかるので,行くときは余裕を持って行った方がいい。

 太めのうどんに野菜がたっぷり乗っている。お新香付き。うどんはそれほどコシの強いものではない。讃岐うどんみたいにコシが強くて固い麺が苦手な人には好まれるだろう。野菜はあんかけにはなっていない。ボリュームたっぷりで食べ応え十分。美味しくいただいた。

※後日,再訪したときは,麺がもう少しコシがしっかりしていて,よりおいしかった。

f:id:figarox:20170512223347j:plain

 

 今度また行く機会があれば,2番人気だというの「肉うどん」を食べてみたい。ご飯ものもあるので,それもいいかも。丼ものだけでなく定食もある。

 

 難しいことは分からないが,被災地を応援するのに美味しいものは一番だ。気軽にできる。

 以前,飯舘村農家レストラン「気まぐれ茶屋ちえこ」のどぶろくを飲んだことがある。今は福島市飯野町に避難しているらしいが,甘さ控えめの甘酒にアルコールが入っているみたい。アルコール度数が高いのにいくらでも飲めて,かなりヤバイ。

 

 【ゑびす庵メニュー】

◎うどん 大盛100円増 特盛200円増

ゑびす庵うどん(海老+玉子) 1,100円

海老天ぷらうどん 850円

五目うどん(野菜たっぷり) 950円

鍋焼きうどん 850円

親子うどん 800円

肉うどん 700円

玉子うどん 700円

月見うどん 600円

かけうどん 500円

ざるうどん 550円

ぶっかけ皿うどん(夏季) 900円

 

◎丼・定食 大盛100円増

カツ丼 850円

肉丼 800円

親子丼 800円

玉子丼 600円

カツ定食 1,000円

野菜炒め定食 900円

煮込みカツ鍋定食 800円

焼き魚定食(つぼ鯛) 900円

 

◎飲物

生ビール(中) 500円

瓶ビール(大瓶) 600円

お酒(コップ) 300円

焼酎(グラス) 350円

焼酎900mlボトル(麦) 2,300円

焼酎900mlボトル(芋) 2,300円

焼酎720mlオリジナルボトル(麦) 2,000円

焼酎720mlオリジナルボトル(芋) 2,000円

ジュース(各種) 150円

 

◎単品

海老天2尾 350円

かきあげ 150円

ごはん(大) 150円

ごはん(小) 100円

 

ウィーン・フィルは変わったのか~新譜ラッシュに思う

 このところ,急にウィーン・フィルの新譜が出るようになった。

 ここ数年,出るものと言えば,ニューヤー・コンサートとシェーンブルン宮殿コンサートのライヴくらいで,まともな録音はほとんどなかた。何せ,小澤さんが国立歌劇場の音楽監督だった頃,正規の録音は1つもなかったくらいなんだから,どれだけ録音を忌避していたのかと思う。

 それが,ドゥダメルとの《展覧会の絵》,ビシュコフとのフランツ・シュミット,ノットとの《大地の歌》など,新しい録音が次々と(と言っていいのかはまだよく分からないが)出ている。しかも,ドゥダメルビシュコフはセッション録音である。

 さらには,ネルソンスとのベートーヴェン交響曲全集も進行中である(ライヴ)。

 こういった録音がこれから継続的に行われるとすれば,非常に嬉しい。

 

 そこで1つ気がついたことがある。『レコード芸術』2017年5月号の「先取り!最新盤レヴュー」でビシュコフとノットのCDが取り上げられているのだが,ビシュコフのフランツ・シュミットについては,佐伯茂樹氏が「久々に天上的に美しいウィーンの音世界を堪能することができた」と述べており,ノットの《大地の歌》については,中村孝義氏が「実際に聞こえてきたのは,そうした予想を遥かに上回る,全く新しい「絶美」の世界」と述べている。どちらも,音の美しさを絶賛しているのだ。

 ここ最近で言うと,あのウィーン・フィルが指揮者の「解釈」にどれだけ応えているか,という点が問題にされたと思う。それが,ストレートに「美しさ」を讃えられるというのは,何かが変わってきたと思わざるを得ない。

 これが,ウィーン・フィルの進むべき道を示している,というかオケ自身が「気づいた」ということなのかなと思うのである。すなわち,もはや「解釈」ということでは,オーケストラ自体の差別化は難しい。はっきり言って,今「最先端」と言われる指揮者の「解釈」に応えるということでは,ドイツ・カンマーフィルやマーラー室内管などにはかなわないと思われる。ウィーン・フィルが自らの存在価値を考えたときに,そこにあるのは,伝統と「音の美しさ」だということに気づいたのではないか。

 ライバルのベルリン・フィルは,おそらく,自らの存在価値を「モダン・オーケストラとしての最高の機能性」にあると考えているのではないかと思う。そして,それに向けて邁進している。それに比べて,ウィーン・フィルの方は,何を目指しているのかがここしばらくはよく分からない状態が続いていた。

 今回,そういった状況から脱し,進むべき方向性をはっきりと見定めたということなのではないか。

 

 ここ最近の新譜3枚はいずれも未聴だが,はっきり言って,ノットとウィーン・フィルとの《大地の歌》など,全く期待していなかった。しかし,中村氏の評を読んで,ぜひとも聴かなければと思った。

 《大地の歌》はテノールとアルトで歌われる方が好きだし,カウフマンだったら,アバド指揮ベルリン・フィルとの演奏(NHKでも放送され,デジタル・コンサートホールでも見ることができる)を是非CD化してほしいと思うのだが。

 

 それと,ベートーヴェン交響曲全集は,ネルソンスでなくドゥダメルとやるべきたったと思う。ただ,最近のドゥダメルは迷っていて伸び悩んでいる感じがするので,今のタイミングではやらなくて正解だったかもしれない。

 これも『レコード芸術』からだが,4月号の月評で,ドゥダメルのニューイヤー・コンサートのBD/DVDが取り上げられているが,ここで山崎浩太郎氏が書いていることは,まさに自分が思っていたことと同じで,やはりなと思った。すなわち,「ヨーロッパの伝統のなかで自分がどう進んでいくのか,30代半ばを迎えて迷いがあるようにも思えた。「偉大なるマンネリズム」のなかにあるウィーンに新風をもたらすことを,次回の挑戦の際には期待したい。」と。

 

 

【追記】

 ドゥダメルとの《展覧会の絵》ほか(グラモフォンUCCG-1756)を聴いた。イマイチだった。名盤がたくさんある曲なので,それらに比べて何か飛び抜けてすごいところがあるかというと,ない。録音も,セッション録音なのに今ひとつ冴えない。

 冒頭から音を短めに進めるのにまず違和感を感じた。オケはもっと伸ばしたいのだろうか,音の切り方が全体的に雑。本当はもっと粘りたいのだろう。ドゥダメルの解釈と齟齬があるように思えた。あっさりなのに雑,という感じ。迫力も足りず,物足りない。

 オケは金管が弱い。特にトランペット。昔からトランペットはヘタウマの部類に入るオケだったが,それでも独特の鄙びた音色と時折聴かせる鋭い音が特徴で,すぐウィーン・フィルだと分かったものだが,今は普通に巧くないだけになってしまった。

 ドゥダメルらしさ,つまり弾けた感じはほとんどなく,大人しい。ベルリン・フィルとの《ツァラトゥストラ》ほか(グラモフォンUCCG-1632)あたりから感じていたのだが,迷いが出てきているのではないか。2012年のシェーンブルン宮殿ライヴはまだ結構弾けていた。壁にぶち当たっているように思う。

 

 

NHKに商品化を望むもの

 まずは,1987年3月にアバドウィーン・フィルが来日してサントリーホールで演奏したベートーヴェン交響曲全曲

 NHKがFMで放送していた(生中継と,11月3日に再放送)ので,音源が残っていれば何としてもCD化してほしい。特に第9番を。YouTubeで一部が聴けるが,全曲CD化してほしい。こういうのを火の玉のような演奏というのだろう。こういう演奏をするから,アバドは面白かったのだ。ウィーン・フィルも,きれい事の演奏をしておらず,すさまじかった。

 

 

 クラシックではないが,NHKが収録していた1983年12月のYMOの散開コンサートを。「AFTER SERVICE」でCD化されているのは別の日のもの。

 FMで生中継したらしいが,12月31日にテレビで「YMO SPECIAL」という番組が放送され,コンサートの様子だけでなく,メンバー3人それぞれの様子を映したVTRが面白かった。特に,伊武雅刀と遊んでいる細野晴臣のコーナーが最高!

 東風やSOLID STATE SURVIVORはアレンジが「AFTER SERVICE」のものとは異なっており(特に,坂本龍一のキーボードと高橋幸宏のドラム),SOLID STATE SURVIVORは頭にドラムの1撃があって最高に格好いいのだ。

 YouTubeで見ることができるが,是非,「完全版」としてブルーレイで出してほしい。

 

 ほんと,お願いします。

 

 

祝!レコード芸術創刊800号

 『レコード芸術』が2017年5月号で創刊800号を迎えた。

 1988年5月号以来,1号も欠かさず購読してきた。29年になる。これだけ長い間購読した雑誌はないし,全部取ってある。すごいことだ。田舎に住んでいたときは,発売日に買うのが大変なときもあった。452号からなので,349冊買い続けたことになる。半分までは行かないが,4割以上は購読していたことになる。

 452号の定価は850円。801号からは付録CDがなくなって本体価格が1,300円となる。単純に比較すると53%の値上がり。しかし,ページ数はかなり減っているので,実際はもっと値上がりしている計算になる。452号は数えると446ページ。800号は316ページ。800号の定価(本体価格)を1,300円とすると(実際は,付録CDと特別付録が付いているので,特別定価1,667円となっている。),1ページ当たりの単価は,452号が1.9円で800号が4.1円となる。ということは,116%の値上がりとなる。

 ちょうど,この4月から,MUSIC BIRDのTHE CLASSICで「片山杜秀パンドラの箱」の再放送をしており,この4月9日には2010年5月28日放送の「音楽雑誌と口蹄疫」が放送されたところだった。そこで片山さんは,「音楽雑誌が売れない売れないと言われ続けてもう10年以上経ちました」と,廃刊が続く音楽雑誌受難の時代について語っていた。そんな中,おそらく本質は変わらずに生き残ってきた『レコード芸術』は大したもんだと言っていいのだろう。

 

 452号をざっと見て思うのは,カラーページが多いのと,レコード会社の広告が多いこと。発行部数の推移は分からないが,やはりそれだけ売れていたのだろう。

 特集は「西ドイツのオーケストラ」。「西ドイツ」という名前自体が時代を感じさせるが,このときは壁が崩れるなんて全く想像もしてなかったと思う。<その1>として諸井誠さんの「西ドイツのオーケストラ随想」という文章が4ページあり,<その2>では「レコードでたどるその歴史と魅力」と題して,オーケストラごとの記事が書かれている。最初がバンベルク交響楽団(首席指揮者=ホルスト・シュタイン)で,最後がベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(音楽監督=ヘルベルト・フォン・カラヤン)。当然,お勧めのディスクが紹介されているのだが,この当時はまだCD化されていないものも多く,ベルリン・フィルの「ベスト・5・レコード」では76年のカラヤン指揮のチャイコフスキー『悲愴』が紹介されており,早くCD化されないかと心待ちにしたものである。

 452号からの新連載は「レコード芸術名盤コレクション 蘇る巨匠たち」で,レコード会社とタイアップしてCD化されていない名盤を毎月1枚ずつCD化するというものだった。第1回はフルトヴェングラーベートーヴェン交響曲第5番と《エグモント》序曲。このシリーズでは,セルの《エグモント》全曲を買った。

 月評は,交響曲では特選盤がアバドベートーヴェン交響曲第7番・第8番,同じくチャイコフスキーの《悲愴》,シャイーのマーラー交響曲第10番ほか。ほかには例えばデュトワビゼー,マリナーのレスピーギ,ゲーベルの《ブランデンブルク協奏曲》,プリッチャードの《イドメネオ》などが特選盤になっていた。オペラだけで新譜が7組も出ており,今では考えられない状況。

 CDは簡単には買えないので,毎日,NHK FMでカセットテープにエアチェックしていたものだ。

 当時は時間もあり,どの記事も繰り返し読んだものだが,1つ取り上げると,「追跡レコード批評」というコーナーで三浦淳史さんと中矢一義さんが海外雑誌の評を紹介していた。今の「海外録音評パトロール」(今も中矢一義さん!)の前身と言える記事だが,452号では三浦さんがカラヤンブラームス交響曲第1番と第2番を取り上げている。どちらもずっと愛聴しているCDなので,とても懐かしい。特に,第2番の記事は思い出深い。『グラモフォン』誌のアラン・サンダース氏の「いうなれば秋を想わせるような熱情をもって指揮しており,BPOの演奏には豊かな白熱の輝きがある」という文章はよく覚えていて,今でも秋が近づくとこの曲(特にこの演奏)が聴きたくなるし,『ル・モンド・ドウ・ラ・ミュジック』誌のシェルスノヴィッチ氏の「カラヤン自身の1955年盤と比較すると,昔の踊るような感じは抑えられているが」という文章を読んで1955年盤がとても聴きたくなったが,当時はCD化もされておらず,実際に聴けたのは相当後になってからだったことなどを思い出して懐かしい。もっとも,今はこの1986年盤と,同時期に収録されたDVD(こっちの方が4楽章などは明らかにテンポが速く勢いがある),そして1977・78年盤の3つが自分にとってのベスト盤になっており,よく聴いている。

 

 

 800号での重大な告知の1つが,付録CDの廃止だった。元々いらないと思っていたので,廃止されて値段が下がるのはありがたい。

 今回の付録廃止で,定価(本体価格)は1,400円から1,300円になるという。100円の値下げである。

 では,付録CDが始まった頃はどうだったかというと,1996年3月号(通巻546号)から始まったのだが,2月号と比べて定価(本体価格)は243円(消費税3%込みで250円)の値上げだった。

 それが今回は100円の値下げなので,付録廃止にかこつけて値上げしてるんじゃないか!とも思うのだが,そこはCDの原価が下がったからだということにしておこうと思う。

 

 値段のことばかり書いたが,それはこれからも買い続けるから。まずは1000号を目指して頑張ってほしい。

 

 

今村復興大臣の「自己責任」発言に思うこと

 今村復興大臣が自主避難者について「自己責任」だと言ったことについて,マスコミなどがしたり顔で「本音が出た」などと書き立てているが,そんなことはみんな分かっていることだ。自主避難者とその支援者以外の多くはそのとおりだと思っているし,自主避難者たちもそのとおりだと思われていることは分かっている。

 今回の発言が怖いのは,その中身よりもあのキレ方の方だ。1国の大臣としての資質が問われる,というか全くないことを改めてさらけ出したということ。

 もし,実績を上げた大臣が,冷静に,落ち着いて,論理的に反論したのなら,随分違っただろう。

 しかし,実績もなく,威張り腐ってブチ切れた大臣がああいう場面でああいう態度を取ると,怖ろしさしかない。

 既に,避難指示が解除されて帰還しない人たちは,自主避難者だという人もいる。そのうち,今村大臣もそういうことを言い出すに違いない。

 

 【追記】

 やはりと言うべきか,新たな問題発言で今村氏が復興大臣を辞任した。発言内容からして,辞任するしかなかっただろう。それにしてもあんなことをわざわざ言って辞めることになるとは,本当のバカだ。早く辞めてもらってよかった。

 こんなバカはどうでもいいが,それより気味が悪いのは二階幹事長の方だ。そして,二階幹事長の発言をほとんど問題にしないマスコミである。

 何かものすごい嫌な予感がする。本当に危険なのは二階氏の方だろう。今村氏など,いてもいなくても大した害はないが,二階氏は違う。この辺が歴史のターニングポイントだった,なんてことにならないといいと心底思う。

 

 

ネルソンス指揮ウィーン・フィルのベートーヴェン《英雄》

 3月25日にMUSICBIRDのTHE CLASSICでアンドリス・ネルソンス指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会が放送された。

 曲目は,

ハイドン交響曲第102番変ロ長調Hob.Ⅰ:102

②イヴァン・エレート:3本のクラリネット管弦楽のための三重協奏曲Op.92(初演)

バリー・マニロウコパカバーナ(ザ・クラリノッツ編)(アンコール)

ベートーヴェン交響曲第3番変ホ長調Op.55《英雄》

 クラリネットは,ザ・クラリノッツ(エルンスト,ダニエル,アンドレアスのオッテンザマー親子)。

 2016年1月10日にウィーンのムジークフェライン大ホールでORF(オーストリア放送協会)が収録したもの。

 

 メインのベートーヴェンは,ネルソンスとウィーン・フィルドイツ・グラモフォンに録音する全集の第1弾となるもの。この後,1月12日にも同じプログラムで演奏しているようで,これらの演奏会にゲネプロの音源等合わせて編集したものをCDにするのだろう。

 

 ということで,《英雄》なのだが,演奏時間は,おおよそ,

第1楽章:18:14,第2楽章:16:04,第3楽章:5:40,第4楽章:12:06

といったところ。

 第1楽章と第2楽章が今どきの演奏としてはかなり遅め,第3楽章は早め,第4楽章はやや遅めといえるだろう。

 

 ネルソンスとウィーン・フィルなので,基本的にはモダン・スタイルの演奏。しかし,所々でピリオド奏法を意識したようなところがあり,何だか中途半端。

 テンポや強弱を不自然に動かすので,流れがとても悪い。

 そして,音が前に出てこない。特に木管が弱く,メロディを吹いているところでもほとんど聞こえなかったりする。弦も,第1ヴァイオリンが弱く,内声部とのバランスが整理されていないようで,聞いていて安定感がない。金管も所々では咆哮するが,全体的には弱め。

 メロディを意識していないようで,どんな曲なのか分からない。頭の中で補完しながら聞くことになり,すごく疲れた。

 第1楽章で何度か和音をトゥッティで鳴らすところがあるが,アーノンクールばりに力み返っている割に,本当の迫力は出ていないように思った。

 

 第1楽章は,演奏時間は長いが,第1主題は割と速めのテンポで始まるので,その後極端に遅くするところがあるということ。終わり近くのトランペットは,旋律を1回目は最後まで吹かせ,2回目は吹かせない,というやり方。それはいいとして,2回目は木管が旋律を吹くわけだが,これがほとんど聞こえず,弦の伴奏しか聞こえないという奇妙な演奏になっている。完全なバランスミスだろう。

 第2楽章は,葬送行進曲なのに妙に明るいのがネルソンスらしい。

 第3楽章でようやく乗ってきた感があり,主部は猛烈なテンポで進む。

 しかし,第4楽章に至っても不自然さは最後まで残ったまま。最後の和音は短く切って終わる。

 

 これから順次録音して全集になるわけだが,前途はかなり厳しいと思った。何というか,一本筋が通っていない感じ。これがCDになったとして,繰り返し聞くのはかなりしんどい。

 演奏後の拍手も随分と少ないように思った。

 

 

 この後,カラヤンウィーン・フィルによるブルックナーの7番と8番のCDを聞いたのだが,曲は最低だが演奏は極上だった。ネルソンスの演奏とは,同じウィーン・フィルとは思えないし,満足感が全く違った。

 

 

 また,ベルリン・フィル・デジタル・コンサート・ホールに3月23日のキリル・ペトレンコとの演奏がアップされており,モーツァルトの《ハフナー》とチャイコフスキーの《悲愴》の一部を見たのだが,かなり凄い演奏だったようだ。

 やはり,ペトレンコは,最近売れているほかの中堅・若手(ネルソンス,ソヒエフ…など)とは全く格が違うようだ。

 詳しくはじっくり見てから書いてみたい。