ニューイヤー・コンサート2022と《こうもり》序曲の謎

 今年,2022年のウィーン・フィル,ニューイヤー・コンサートはバレンボイムの指揮だった。

 例年以上に,有名曲が少なかったように思う。曲目は指揮者が決めるのではなくウィーン・フィル側で決めるらしいので,バレンボイムのせいではないのだろうが,それにしても,という気がする。有名にならないのには,それなりに理由があるのだ。

 バレンボイムの指揮には全く期待していなかったので,まだ全部見て(聴いて)いないのだが,一部の曲を聴いただけで,もう聴かなくていいや,と思っている。

 有名曲の方が分かりやすいので,まずは《こうもり》序曲を聴いたが,案の定だった。なぜこの人が指揮者としてもてはやされているのか,全く分からない。アンサンブルは悪いし,リズムは悪いし,元気はないし。音に力がない。相変わらず,腕が硬い。ニューイヤー・コンサートなので,オケに任せて振らない場面も多かったが,それでもやはりつまらない。

 ピアニストとしては最高だったのに。

 そのピアノも,さすがに最近はテクニックの衰えが目立って,聴くのが辛いことも多くなった。昨年出たベートーヴェンソナタ全集は,かなり聴くのが厳しかった。1980年代の全集はあんなに素晴らしかったのだが。

 

 

 さて,《こうもり》序曲なのだが,冒頭でヴァイオリンの音が変わっているところがあり,音が外れているように聞こえるのだが,話題になってないように思う。

 ニューイヤー・コンサートでこの曲が取り上げられたのは,1989年のクライバーの後は2002年の小澤征爾まで間が空くのだが,この間にウィーン・フィルの使っている楽譜が変わったようだ。

 小澤征爾が振った2002年のときのCDでは[0:08]のところである。クライバー以前(カラヤンアバドなども)では違和感はないのだが,小澤以降の演奏では,音を外しているかのように聞こえるのだ。おそらく,自筆譜などを検討した結果なのだろうが,違和感しかない。ベートーヴェンの第九の第1楽章第2主題の音の問題にも通じるように思う。

 1987年録音のアーノンクールの全曲盤では,既に新しい方(と言っていいのか分からないが,違和感がある方)の音になっている。

 小澤のときは過渡期だったのか,「ほんとにこの音でいいのか?」といった感じで,萎縮しているかのような中途半端な弾きぶりだったが,今年はもう慣れたのか,みんな確信を持って弾いているように聞こえた。

 しかし,何度も言うが,聴く方からすると違和感しかないのだ。

 音楽学的には新しい方が正しいということになっているのかもしれないが,音楽的にはおかしいと思う。だからこそずっと古い方の音で演奏されてきたのだろう。

 楽譜から,何小節目の何の音,と特定して検索すれば何かしら情報が出てくるのかもしれないが,ざっと調べたところではそれらしい記述は見つからなかった。

 レコ芸相談室もなくなってしまったし,相談できるような詳しい人も身近にいないので,このもやもやはずっと続きそうだ。

 

 

アストラゼネカのせいで献血ができない

 アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンを接種してしまうと献血できない状況が続いている。

 

 日本赤十字社のホームページでは,アストラゼネカ社製ウイルスベクターワクチン※などを接種された方は、現時点では献血をご遠慮いただいています。(※現在、接種後の献血基準については厚生労働省で検討中です。)」と書かれていて,いつできるようになるのかの見通しも示されていない。

 

 外国では既に献血可能となっているところもあるので,まさしく,厚生労働省の検討が遅れているからだろう

 アストラゼネカ製ワクチンを打っている人が少ないので,検討が後回しにされているのではないだろうか。また,アレルギーのある人などに優先して回したので,アストラゼネカ製ワクチンを接種した人に献血する人は少ないと思われているのではないか

 しかし,ファイザーやモデルナの供給が遅れていたために,早く打てるアストラゼネカを選んだ人もいるし,副反応が小さいという情報もあったのでそのためにアストラゼネカを選んだ人もいる。

 Twitterなどでは,アストラゼネカのワクチンが危ないから献血できないのだなどという「誤った情報」も流されている。早く献血できるようにしないと,インチキ情報が徐々に拡散されるおそれもある。

 

 検討すべきことがたくさんあって後回しにされているのかと思うが,とにかく早く対応してほしい。また,マスコミが全然このことを取り上げないのも不信感を煽る結果になっている。正確な情報を,速やかに国民に知らせるべきだ。

 

 

サブスクで完全に変わった音楽生活②

 ①を書いてから随分経ってしまった。

 このままだと年を越せないので,とりあえずまとめておく。

 

 2021年は本格的にサブスクを利用するようになった1年だった。①で書いたような音楽生活がまるっと変わってしまったと言っていい。

 

 まず,エアチェックをしなくなった。サブスクに移行するのにあたり,MUSIC BIRDを解約した。このおかげで,エアチェックしてパソコンに取り込むまでの作業時間が大幅に減り,音楽を聴く時間が増えた。

 

 次に,CDを買わなくなった。サブスクで聴いたりして,本当に必要なものだけ買うようにした。最新録音の多くはハイレゾで配信されているので,音質の劣るCDを買うことは躊躇するようになってしまった。

 CDなどのメディアを持っていたという欲求は相変わらず強いが,ハイレゾじゃないのに,とは思うようになってしまった。

 

 そして何と言っても,聴いてみたい曲の多くがすぐ聴けるようになったのが大きい。雑誌やネットで聴いてみたい曲を見つけても,これまでは簡単には聴けなかった。すぐCDを買うというのはよほどの場合であって,まずはMUSIC BIRDやFMで放送されるのを待つしかなかった。最新録音だと放送される可能性は高いが,古い音源だといつ放送されるか分からず,結局聴けずじまいで終わることが多かった。

 しかし,サブスクだと,あればとりあえず聴ける。目的のCDでなくても,同じ曲なら聴ける可能性はかなり高い。

 

 

 とにかく,音楽を聴く時間が増えた,というのが結論だ。

 これから先,CDを買いためたところでどれだけ聴けるかは分からない。それよりもサブスクで聴きまくった方がいい。音質だって,FMからカセットテープに録音していた頃に比べれば,天と地の差がある。

 

 もう,戻れない。サブスクは最高だ。

 

 

mora qualitasサービス終了&Deezer HiFi

 今日,mora qualitasが来年(2022年)3月29日をもってサービスを終了するとの発表があった。

 「やっぱり」というのが一番の感想だが,応援していたので残念だ。

 ソニーの「黒歴史」がまた1つ増えた。

 正直なところ,オーディオ評論家たちが絶賛する音質の良さは,AmazonAppleと比べて違いが分かるような環境で聴いていないので,分からずじまいだった。

 サービス終了の直接の原因は,一番は,曲数がさっぱり増えないことだったと思う。サブスクをいくつか利用して比較しているが,とにかく,聴きたい曲がないことには何も始まらない。

 この致命的な状況に対して,ソニーがてこ入れをしようという気配はまるで感じられなかった。

 金額の高さもあったと思う。AmazonAppleの倍も違うのだから。

 

 一体,ソニーは何をやりたかったのだろうと思う。

 mora qualitasの担当部署の方たちの無念さはいかばかりかと思う。

 経営陣が本気になって投資をしなかったからだろうから。曲数が増えない以上,ユーザーが増えるはずもなく,値段では全く勝負にならず,アプリも使いづらいと酷評され,と,音質以外には何もメリットがなかった。

 なぜか,自前の技術である360 Reality Audioにも対応させてもらえなかった。

 これからソニーはどこへ向かうのか。また迷走が始まったのか。

 

 

 

 と,ソニーをこき下ろしつつ,先日,ソニーのワイヤレススピーカーSRS-RA3000を買った。360 Reality Audioに対応したスピーカーである。

 これはとてもいいスピーカーだ。非常に満足している。

 せっかくなのでSRS-RA5000が欲しかったが,値段は倍くらいするし,何よりデカい。場所を取り過ぎるので,SRS-RA3000にした。

 

 Amazon Music HD,Deezer HiFi,nugs.netという,360 Reality Audioに対応しているサブスクの無料体験が付いてくるので,順次試している。

 まず,nugs.netだが,洋楽のライヴしかないので,全然聴いていない。無料期間が終わる前に解約するだけになっている。

 

 次に,Deezer HiFiを試している

 日本ではさっぱり話題にもならないフランスのサブスクだが,やはり,日本の曲が圧倒的に少ないので,それも当然だと思った。期待したが,これも無料期間が終わる前に解約だ。

 とはいえ,nugs.netよりは全然マシなので,いろいろ360 Reality Audio対応の曲を聴こうとしている。ところが,それがなかなか難しい。

 そもそも,対応している曲が少なすぎ。クラシックはほとんどない。J-POPもさっぱり。ほとんどは洋楽だ。それより何より,Deezerのアプリから対応曲を探すのがとても難しい。

 そのためかどうか知らないが,360 by Deezerという別なアプリが用意されている。ここにある曲は360 Reality Audio対応の曲だというのだが,実際は違っていた。非対応の曲が多数混ざっているのだ。混ざっているどころか,アルバム1枚まるまる非対応だったりする。

 クラシックだと,ネルソンスのニューイヤーコンサート2021が出てくるのだが,全曲非対応だ。ほかにもある。

 さらに訳が分からないのは,対応している曲は一覧の画面で曲ごとに「360 Reality Audio」と表示があるのだが,そう書いてあっても非対応の曲があるのだ。ハーディング指揮のウィーン・フィルのサマーコンサート2021がそうなのだが,ネルソンスのニューイヤーと違ってちゃんと「360 Reality Audio」と表示されるのに,実際に再生してみると,対応していない(スピーカー本体のランプが点くはずなのに,点かない)。

 結局,クラシックで本当に対応しているのは,ブーレーズバルトーク管弦楽のための協奏曲ほかのアルバムくらいのようだった。しかし,一部の曲は非対応だし,何より古い音源で,360 Reality Audioの実力を発揮できる曲なのか疑問だ。

 どうせなら,最新の録音で聴いてみたい。

 

 そのほか,まだ使いこなしていない状態だが,Deezer HiFiには不満がいっぱいある。まず,ロスレス音源なのかどうかが全然分からない。ハイレゾ音源は配信していないようだが,一部の曲はロスレスのはずなのに,そうかどうか,全然分からないのだ。

 

 もう一つ大事なことがあった。なぜか,現在のところ,Windows版のデスクトップアプリがダウンロードできないのだ。Deezerのホームページにはリンク先が出ているのだが,リンク先のMicrosoft Storeに行くと,「Deezer Musicは現在購入できません」となっていて,ダウンロードも何もできない。googleで検索しても,そもそもDeezerの情報は少なく,何も引っかからない。

 ま,日本では頑張ろうという気がないんだなというのがよく分かる。

 

 

 本命と思っていたSpotify HiFiがいつまでも始まらないので,当面はSRS-RA3000に付いてきた無料体験を利用して音楽を楽しもうと思っている。とはいえ,あっちこっち乗り換えるのは,かなり面倒になってきた。数は少ないが,ライブラリやプレイリストに入れた曲をまた登録し直すのは,検索機能がどのサービスも最低なので,なかなかのストレスになる。

 現状だと,最後はAmazon Music HDに落ち着きそうだが,無料体験期間が終わる頃はどうなっていることか。

 

 

古典配置をやめたペトレンコ

 ベルリン・フィルの今シーズン開幕公演となる,キリル・ペトレンコ指揮によるシューベルト交響曲第9番(第8番)ほかの公演(2021年8月27日)を見て驚いた。シューベルトなので当然古典配置(対向配置)で演奏するとばかり思っていたが,そうでなかったからである。

 その後も,今シーズンは古典配置によらずに演奏している。

 これまでも,曲によっては古典配置でなかったが,ベルリン・フィルの常任指揮者になって以降,基本は古典配置だったと思う。

 それが,改めて調べてみると,2020年1月25日のマーラー交響曲第6番を最後に,古典配置をやめていた。

 

 オーケストラ側の事情で古典配置をやめたのでないことは,最近でもブロムシュテットバレンボイムが古典配置によっていることから分かる。

 どういうことで古典配置をやめたのか,非常に興味がある。もしかしたらインタビューで話しているのかもしれないが,見ていないので分からない。

 

 ベルリン・フィルで古典配置は違和感があったので,個人的にはいいと思うのだが。第一ヴァイオリンの後ろにコントラバスが並ぶと窮屈に見えるし,逆に反対側は変に空いてしまう。ベルリン・フィルのように超強力な第一ヴァイオリンとコントラバスを持つオーケストラだと,バランスが悪いのではないか。

 

 城所さんあたりがきちんとインタビューして,考えを聞いてほしい。

 

 

Spotify HiFiはまだか。現時点ではAmazon一択!

 今年後半にサービス開始とアナウンスされているSpotify HiFiだが,一向に出る気配がない。音楽サブスクの本命だと期待していたのだが,何が起きているのだろう。

 邪推だが,980円では採算が取れないのと,急激に普及しつつある3Dオーディオへの対応をどうするかで,進めないでいるのではないか。

 このまま,幻の本命で終わってしまうのか。

 

 mora qualitasも全然動きがない。

 SONYなのに,360 Reality Audioにすら対応していない。やる気がないとしか思えない。

 まあ,mora qualitasとAmazon or Appleの2つと契約したところで,国内盤CD1枚分ほどにしかならないのだから,限られた固定ユーザーがいて,そういう人たちはAmazonAppleにも加入しているから,細々と,最高音質だけを売りに続けていこうということなのだろう。

 

 Apple Musicについては,致命的な問題が2つある。

 1つ目は,これまでも指摘しているが,Windowsではハイレゾ/ロスレスに対応していないこと。iTunesも,ブラウザも,どちらも対応していない。ハイレゾ/ロスレスが聴きたいなら,Appleはありえないことになる。

 

 もう1つは,Windows版のiTunesは,複数のユーザーで共用できないこと。

 どういうことかというと,例えば,家族で1台のパソコンを共用(1つのアカウントで)している場合に,それぞれがApple IDを持っていてApple Musicを利用しているとすると,iTunesのユーザーを切り替えて利用することができないのだ。

 最初に登録したユーザーをログアウトさせて,別なユーザーでログインし,音楽を再生しようとすると,appleid.apple.comにアクセスしてくださいとかいうメッセージが出て,再生できない。それらしいサイト0にアクセスしても,どうすればいいのかさっぱり分からない。iTunesを一旦削除してインストールし直してもダメ。何か方法がないかとググっても,Apple公式のどうでもいいサイトばかり大量に検索結果に出てきて,見つからない。下手なことをしてIDにロックがかかったり,iTunes自体が起動しなくなったりすると困るので,深入りせずに諦めた。

 結局,最初に登録したID以外は,ブラウザでApple Musicを利用するしかないようだ。しかし,ブラウザではやはりいろいろ不便なので,困る。

 そして,ブラウザでApple Musicを聴く場合,更に致命的なことがある。ギャップレス再生に対応していないのだ。

 

 

 ということで,現時点では,ハイレゾ/ロスレスに対応したサブスクを選ぶとなると,Amazon Music HD一択ということになる。

 3Dオーディオへの対応はAppleに遅れを取っていたが,つい先日,サービスが拡大されて,Appleと遜色なくなったようだ。

 いろいろ不満もあることはあるが,ほかのサービスのような致命的なものではないので,Spotifyの無料プランと併用すればほぼ文句ない環境になる。

 

 

 Spotifyには,やるのかやらないのかはっきりしてほしい。やらないと言ってくれれば諦めもつく。期待感を煽って焦らすだけでは,結局はユーザーを失うことになるだろう。

 

 

Spotify HiFiはいつ出るのか

 Spotify HiFiが2021年後半に開始されるという発表があったのは,2月23日のことだった。

 その時のAV Watchの記事を見ると,詳細は近日発表されるとのことだったが,7か月以上たっても詳細は明らかでないし,既にApple Musicに先を越されてしまっている。

 

 いくつかの音楽配信サービスを利用してみて,Spotify HiFiが本命ではないかと思っているが,一向に出る気配がない。AmazonApple,moraそれぞれに弱点があり,それは,それぞれ背負っているものがあるからではないかと思っている。Amazon Music HDはAmazonの,Apple MusicはAppleの,mora qualitasはソニーのそれぞれ一部であり,例えばAppleの場合はApple製品で受けられるサービスを最優先するという使命があるため,AndroidWindowsだと不満が大きい。mora qualitasは,いつも問題になるソニー内部の縦割りの弊害に飲み込まれてしまっているように思われる。Amazon Music HDの場合は,Amazonの売上至上主義とでもいうべき経営理念がサービスをダメにしているように思われる。

 そんな中,しがらみが一番少なく,本当に音楽が好きな人向けに,どんなプラットフォームでも等しく対応しそうなのがSpotifyではないかと勝手に思っているのだが,どうだろう。Spotify HiFiのサービスの詳細が分かれば,その辺もはっきりすると思う。

 

 おそらく,金額やハイレゾの音質,空間オーディオなどについて,なかなか方針が決まらないのではないかと思うのだが,後発ならではの魅力がないと,これまでSpotifyを支持してきたユーザーを一気に失うことにもなりかねない。

 

 今,期待しているのは,金額は先発2社並み(でないと誰も受け入れないだろう)で,どんな機器でもロスレス/ハイレゾで聴くことができ,幅広い機器で簡単に空間オーディオが利用できる,ということである。

 

 一日も早く,サービスの内容と開始時期を明らかにして,ユーザーを安心させてほしい。