読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今村復興大臣の「自己責任」発言に思うこと

 今村復興大臣が自主避難者について「自己責任」だと言ったことについて,マスコミなどがしたり顔で「本音が出た」などと書き立てているが,そんなことはみんな分かっていることだ。自主避難者とその支援者以外の多くはそのとおりだと思っているし,自主避難者たちもそのとおりだと思われていることは分かっている。

 今回の発言が怖いのは,その中身よりもあのキレ方の方だ。1国の大臣としての資質が問われる,というか全くないことを改めてさらけ出したということ。

 もし,実績を上げた大臣が,冷静に,落ち着いて,論理的に反論したのなら,随分違っただろう。

 しかし,実績もなく,威張り腐ってブチ切れた大臣がああいう場面でああいう態度を取ると,怖ろしさしかない。

 既に,避難指示が解除されて帰還しない人たちは,自主避難者だという人もいる。そのうち,今村大臣もそういうことを言い出すに違いない。

 

 【追記】

 やはりと言うべきか,新たな問題発言で今村氏が復興大臣を辞任した。発言内容からして,辞任するしかなかっただろう。それにしてもあんなことをわざわざ言って辞めることになるとは,本当のバカだ。早く辞めてもらってよかった。

 こんなバカはどうでもいいが,それより気味が悪いのは二階幹事長の方だ。そして,二階幹事長の発言をほとんど問題にしないマスコミである。

 何かものすごい嫌な予感がする。本当に危険なのは二階氏の方だろう。今村氏など,いてもいなくても大した害はないが,二階氏は違う。この辺が歴史のターニングポイントだった,なんてことにならないといいと心底思う。