読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森友学園との交渉記録は本当に廃棄されたのか?

 森友学園の問題で今一番気になるのは,財務省が交渉記録を1年の文書保存期限を経過したので廃棄したと言っていることだ。

 

 佐川理財局長が繰り返し答弁しているが,これが本当なら,財務省というのは相当デタラメな役所だということになる。感覚的に,とても本当のこととは思えない。

 そう思っていたところ,今日のNHKの「クローズアップ現代」で近畿財務局のOBが匿名で取材に応じ,おかしいと異議を唱えていた。通常は捨てたりしないと。もし文書は廃棄したとしても,交渉記録はパソコンで作成するので,そのデータがパソコンに残っているだろうと。ちゃんと探せば出てくるのではないかと。

 そのとおりだと思う。が,本当にデータまで消していたとすれば,逆に,おかしなことをやっていたことの間接的な証拠と言えるだろう。やばいから消したのだ。

 

 あくまで通常どおりの処理をして廃棄したというなら,やはり財務省はデタラメな役所だと批判を受けてもしょうがない。常識的にあり得ないからだ。財務省は,ということは,財務省の役人は,ということだ。

 そんなことはないと思う。だからOBも声を上げたのだと思う。財務省の職員は怒るべきだ。世間に対して自分たちがデタラメな連中だという印象を広めた佐川理財局長を怒るべきだ。

 佐川理財局長は,あの答弁で多くの財務省の職員を敵に回したのではないかと思う。自分(たち)の保身のために,多くの職員の誇りを大きく傷つけたのだ。既に,佐川局長(たち)のために,内部でトカゲの尻尾切りが行われているかもしれない。そう,このままだと,次はあなたかもしれないですぞ。

 財務省の真面目に仕事をしている優秀な職員の方々には,ぜひ声を上げてほしい。パソコンに残ってるだろうデータを引っ張り出して,世間に明らかにしてほしい。そして,佐川局長に汚された誇りを取り戻してほしい。それでこそ公務員でしょう。